乳がん、定期検査(8回目)

2015年の秋に乳がんの診断を受けました。

 

腫瘍は大小3つ認められるので、まずは乳房全摘手術が必要との医師の見立てでした。

 

その後の経緯は定期的にアップしてきましたが、私は三大療法(手術・放射線・抗がん剤)は受けずに、代替療法でがんの自然退縮に取り組んできました。

 

その取り組みも、まもなく2年。

 

その間、三ヶ月ごとのフォロー検査を続けながら、今も乳がんと共存しています。

 

今回はその定期検査の8回目です。

 

今回の検査では、腫瘍に大きな変化が認められました。

 

  

 

これまでも腫瘍はゆっくり退縮を続け、最大時で2.5センチあった腫瘍は前回(2017/6/5)の検査では約1.8センチとなっていましたが、今回の検査画像を見ると、この図のように、全体が縮まってふたつになったような状態でした。

 

そのふたつの間には正常な細胞(腫瘍と認められない組織)ができていて、右側のものは影が薄く、検査技師がその部分を測定対象としなかったため、検査結果は腫瘍が急速に縮小したような数値となりました。

 

 

前回との検査結果の比較です。

 

17.5×12.5×12.2(前回)

  8.2 × 8.7 × 6.3(今回)

 

 

乳がんは外から手で触れて確認することができるがんなので、自分でも常に状態をチェックしていましたが、最近は輪郭がだいぶぼやけた印象で、以前よりも腫瘍を見つけにくく感じてはいました。

 

過度の期待は禁物ですが、私としては今回の結果を、また一歩前進ととらえています。

 

今後も今まで通りに自然退縮への取り組みを続けながら、三ヶ月ごとのフォロー検査で腫瘍の変化を見守りたいと思います。

 

次回の検査は年明けの予定です。

 

 

 

乳がんフォロー検査の経過を更新しました(2017/9/25)

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    佐藤美香 (水曜日, 27 9月 2017 19:54)

    私も昨年右乳房全摘しました。
    早期発見早期治療でラッキーなことに 
    治療はありませんが、同じ乳がん患者として
    スルーできず…コメントします。
    自分が生きていく道です。なので自分で選択していいと思います。自信を持って自然退縮
    頑張ってください。応援しています。自分で選択して決定したら後悔はしないと思います。どんな形になったとしても…ファイトです!

  • #2

    田仲由香里 (木曜日, 28 9月 2017 13:00)

    佐藤美香さま

    はじめまして。
    コメントしてくださってありがとうございます。
    私はがんが二度目と言うこともあって今回はこのような選択をしましたが、おっしゃる通り自分で決めることの大切さをとても感じました。
    今後も様々な選択が必要になるかもしれませんが、その都度納得のいく選択をしていきたいと思っています。応援ありがとうございます!